引っ越し 相場 一人暮らし

役に立つ引っ越し料金の相場の調べ方

引っ越し 料金 相場

引っ越し 費用 相場

引っ越し 料金 平均

引越し 料金の相場

 

引っ越しにはお金がかかります。

 

まず新居物件の敷金・礼金が家賃の2〜3カ月分。
他にも、不用品の処理費や新しい家具家電の購入費、そして引っ越し業者に払う料金です。

 

引っ越し料金って実際どのくらいかかるのか相場を知りたいですよね。
相場を知りたいなら、一括見積もりが簡単でオススメです!

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

引っ越し 相場

 

 

引越し相場を調べても幅がありすぎて、あまり役に立ちませんよね。

 

あなた自身の「引っ越し料金の相場」を知るには、同じ条件で複数の引っ越し業者に見積もりを依頼するしかありません。

 

引っ越し業者に競争してもらうことで、引っ越し料金が安くなるというチャンスもあります。

 

賢く活用してくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

 

スムーズな引越しの手順を教えます。

引越し 手順

 

引越しはとにかくやることが多いので、順番に1つずつこなしましょう。
引越しが本当に忙しくなるのは、引越し日の2週間前後です。

 

それまでにちょっとずつ荷物をまとめておきましょう。

 

1:引越しすることが決まったら、管理会社か大家さんにそのことを告げる。
 退去の場合、3カ月前にとか1か月前までに・・・と契約書に記載があります。
 次の入居者を募集しなければなりませんので、早めに連絡しましょう。

 

2:新居を決めて、契約する。

 

3:引越し業者に見積もりを取って、契約する。
 こんなに早く?と思うかもしれませんが、引越し業者を決めておかないと希望日に引越し出来ないこともあります。
 土日祝日の午前中に引越し希望の場合は特に人気がありますので、早めに見積もりを取って契約しましょう。
 契約の際、持って行く家財、捨てる家財を分けて、申告したダンボールの数に収まるようにしましょう。

 

4:不要な家財の処分、ゴミの処分でできるだけ運ぶ荷物を減らしましょう。
 ゴミカレンダーで処分すると、不要品の処分費がかかりません。
 当日、ごみが多くなると追加料金がかかることもあります。

 

5:2週間前になると、市外への引っ越しの場合は市役所で転出届を提出します。
 国民健康保険や年金の住所変更についても窓口で確認しておきましょう。
 電気会社、ガス会社、水道会社、電話会社、郵便局に連絡します。
 ガス会社は当日ガスの元栓の確認に来ることもあります。料金が日割りのところもありますので、ご確認ください。
 郵便局に連絡しておくと、1年間前の住所に届いた郵便物を新居に転送してくれます。

 

6:引越し当日は引越し業者がほとんどやってくれます。
 家具家電の配置を指示したり、ダンボールの置き場所を前もって決めておきましょう。
 引越し先のご近所にできるだけ早くご挨拶しておきましょう。後になるほど行きにくくなります。

 

7:2週間以内に、市外引越しなら転入届・市内引越しなら転居届を市役所に提出します。
 そのほか、免許証、パスポート、カード会社、銀行、保険などの住所変更も行いましょう。

 

こうやって書き出してもすることが多いな〜と思うのですが、1つずつこなしていけば案外簡単に終わります。
引越しは精神的にも体力的にもきついので、余裕を持って行いましょう!

 

 

引越しのオプションって何のこと

引っ越し費用=トラックの大きさ+スタッフの数+移動距離+オプション代

引越し オプション

荷物が多ければ大きなトラックが必要ですし、多くのスタッフも必要です。
移動距離が遠ければ、運転を交代するスタッフと、ガソリン代が必要です。

 

このように引っ越し料金のほとんどが、荷物の量と移動距離に関係しています。
では、残りのオプションというのは何でしょう?

 

1:不用品の処理費
引越しには多くの不用品が出ます。自分で処分するにも費用がかかるものもあります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により、適切に処分されなければなりません。

 

これらの引き取り費用は会社によって違いますが、引っ越し日までに自分で安いところをさがして処分してもらうか、引っ越し業者にオプションとしてお願いするか決めておきましょう。

 

:ピアノの移動:ピアノは高価な楽器です。引っ越し業者によっては扱っていないところもあります。
ピアノの配送は自分でピアノ専門業者に依頼するか、ピアノの移動を扱っている引っ越し業者を探いましょう。

 

一括見積もりの際にピアノを記載しておくと、ピアノを扱っている業者を探すことが出来ます。 

 

3:エアコンの移設代:エアコンは簡単に取り外しができません。
移設するには、エアコンは本体と室外機のチューブを外して、固定していたネジを取ります。新居に運んでからも、チューブの新設などが必要です。
プラスチック製のチューブは劣化しますので、新居では新しい部品が必要になりますし、エアコンは電気工事業者にきてもらう必要があります。

 

費用も15000円程度かかります。

 

エアコンの寿命は約10年ですから、移設するか処分するかも考えておきましょう。
エアコンの移設は自分で依頼することもできますが、引っ越し業者に依頼しておけば手配してくれますので、どうするか決めておきましょう。

 

他にも、荷物の一時預かりやテレビの配線、ペットの引っ越し、害虫駆除、ハウスクリーニングなどもオプションです。

 

最近では、盗聴器がないか調べるサービスもあるそうですよ。

 

自分に必要な項目がありましたら、見積りの際に確認しておきましょう。

 

 

 

引越しと郵便物の転送

引越し 郵便物

 

郵便物を新居に届けるためには、保険会社や銀行、カード会社などそれぞれに連絡して住所変更をしてもらわなければなりません。
しかし引越し前は忙しいので、とりあえず前の住所に届いた郵便物は新居に転送してもらうように手続きを行います。

 

その方法は以下の通りです。

 

【郵便物の転送サービスの手続き方法】

 

郵便物の引越しには、自分で郵便局に提出する方法・ポストに投函する方法・インターネットで申し込む方法の3つがあります。
インターネットでの申し込みは郵便局のホームページからアクセスして必要事項を記入したら送信、後ほど身分確認があります。

 

自分で郵便局に提出する方法

1:まず最寄りの郵便局に行き、転居届をもらいに行きます。
2:必要事項を記入します。
3:最寄りの郵便局に提出します。

 

<手続きの際に持って行くもの>
・その際、ご本人(提出者)と確認できる書類(運転免許証、各種健康保険証など)
・転居者の旧住所が確認できるもの(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの)

 

ポストに投函する方法

1:まず最寄りの郵便局に転居届をもらいに行きます。
2:必要事項を記入します。
3:切手を貼らずにポストに投函する。

 

<この場合は転居届を受付後に、以下の方法で転居の事実確認を行う場合があります。>
・日本郵便株式会社社員による現地訪問
・転居者がご不在の場合、同居人等への転居者の居住の事実確認
・旧住所あて確認書の送付

 

いろいろな方法が選べるのは嬉しいですね。

 

郵便物の転送は「転送開始希望日」から転送されますが、最寄りの郵便局に転居届を提出されてから登録されるまでに3〜7営業日を要するので、早めに提出しておきましょう。

 

この引越し先への転送サービスは旧住所あての郵便物等を1年間のみです。
この1年の間に、保険会社や銀行、カード会社などそれぞれに連絡して住所変更を徹底しましょう。

 

 

春日部市 引越し業者 町田市 引越し業者 足立区 引越し業者 安い